×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

視力回復の為に必要な事は?レーシックの感想等をを発信するサイトです

レーシックとは?

まずマイクロケラトームと呼ばれる機械で角膜の表面を薄く削ってふた(弁のような状態の物・フラップと呼ばれます)を作ります。 最近では安全性も非常に高くなってきており、プロのスポーツ選手など多くの著名人がレーシックを施しています。実際の手術は20分前後で終わり、入院の必要はありません。手術後の定期健診も翌日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後というように、非常に簡単な手術と言えるでしょう。 とは言え、失敗例がゼロというわけではありません。医院を選ぶ際には、カウンセリングを受け、実績のある安心してお任せできる医院を選びましょう。カウンセリングの段階で疑問に思うことがあれば必ず質問し、解決しておきましょう。納得いかない場合は速やかに医院を変えるのも良いでしょう。 また、目に疾患のある方、老眼、妊娠・授乳中の方はレーシックを受けることはできません。目以外にも疾患をお持ちの方は専門医にご相談ください。未成年の方は、目の成長段階にあるため、レーシックを施しても成長により視力がまた変化する可能性があり、お勧めできません。

レーシックの種類

「レーシック」とは、角膜の屈折率の調整を行って近視・乱視・遠視を矯正する治療法のことを言います。この「レーシック」治療は、角膜の上皮などをフラップ状にめくり、エキシマレーザーにより角膜を計画的に蒸散させて、屈折率の調整を図ります。このレーシック治療は、フラップを作る方法等で各種の手法があります。

・「レーシック」:標準ともいえる マイクロケラトームというかんな状の機械でフラップを作る治療法

・「イントラレーシック」:イントラレースFSレーザーを用いてフラップを作る治療法

・「エピレーシック」:エピケラトームと言われる機械で角膜上皮に極く薄いフラップを作り、治療後にフラップがはがれ落ちて、角膜上皮を再生させる治療法

・「ウエーブフロントレーシック」:角膜の形状をウエーブフロントアナライザという機械で分析し、より精度を高く角膜の屈折率を調整する治療法

・「ラセックレーシック」:フラップを作るのにアルコールを使って角膜上皮胃をふやけさせてフラップを作る治療法で、他は同じです。

以上のように、角膜の表面をフラップ状にめくり角膜実質層にエキシマレーザーを当てて、屈折率を調整する方法です。フラップの形成法が、いろいろ検討されてきました。中でも、フラップが残る「レーシック」「イントラレーシック」と、術後にフラップがはがれ角膜再生をさせる「エピレーシック」「ラセックレーシック」に分かれます。

レーシックのメリット

「レーシック」のメリットは、裸眼状態での視力回復を目的としているために次のようなメリットが挙げられます。

・メガネやコンタクトレンズの使用が、不要になります。スポーツ選手に「レーシック」の術例が多いのは、スポーツの際のメガネ・コンタクトの着用が不要になるためです。

・裸眼視力が必要な職業に就ける。但し、「レーシック」「イントラレーシック」の場合は、パイロットや格闘技の選手などでは就業できない場合もあります。

・「レーシック」の場合、手術に関して入院の必要が無く短時間で終わり、かつ治療終了までの時間が最大で数日間と治療期間が短かくなります。

・「レーシック」の治療費用は、自由診療のために健康保健が効かずに自由診療となりますが、生命保険や治療保健などの民間保険が「レーシック」の場合適用している例が多く、手術費用に任意の保険の適用が効けば費用がほとんどかからなくなります。

この「レーシック」のメリットとしては以上が挙げられますが、やはり視力矯正のメガネやコンタクトなどを使っている人たちにとって、矯正具が不要になることは大きなメリットになるでしょう。「レーシック」に限らず、眼に対する施術は抵抗が大きいものがありますが、それでもメガネ・コンタクトがいらなくなる「レーシック」は、大きなメリットでしょう。