×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マイクロダイエットの口コミや感想などのレビュー


成功した人も多く、ほぼ確実なダイエット方法としてマイクロダイエットは関心を集めています。本家のマイクロダイエットと似通ったダイエットもあります。マイクロダイエット用の代用食も、長く続けていけるように様々な味や香りをつけるなどして、種類もたくさんあります。かつてはドリンク型が主流でしたが、食事がつまらないということで、見た目がパスタやリゾット状の代替食も作られ、続けやすいマイクロダイエットが工夫されています。ただし、リバウンドのリスクがマイクロダイエットにはあります。突き詰めれば、マイクロダイエットとは食事制限のダイエットです。マイクロダイエットによる制限食から3食ともに通常食に戻したところリバウンドしたという例もあります。空腹に耐えてダイエットをしたものの、1カ月経たないうちに太った方もいます。考えようによっては、食事を減らしていた頃は体重が減り、食事を戻せば体重が増えるという現象は、理に叶っているといえるのではないでしょうか。1日2回のマイクロダイエットをした後の体はまさに飢餓状態なので、栄養の吸収や蓄積も普段より多めになりリバウンドしやすくなります。リバウンドを防ぐためには、マイクロダイエット終了後のカロリー摂取に関しても気を配る必要があります。マイクロダイエットは体重を効率的に減らすにはいい方法ですが、ダイエットが終わっても気を抜かず、体型維持の気配りを続けていきましょう。

続きを読む≫ 2012/07/07 21:42:07

マイクロダイエットでは、一食150キロカロリー〜180キロカロリーの代替食を毎日の食事と置き換えて摂取します。この食事はメーカーが専門に製造しています。基本的には200キロカロリー未満のドリンクタイプのものが主流です。1日に体が求めるカロリー量は、大人の女性の場合は1600〜1900キロカロリーが基準となります。単純に1回の食事で、600〜700キロカロリーが基準になります。これを、3度の食事のうちの1度にマイクロダイエットを使うことで、1日1600キロカロリーくらいになるように調整します。1日の必要最低エネルギー量くらいになります。健康維持に欠かせないだけのカロリーは摂り、運動でそれ以上のエネルギー消費を体に求めることでマイクロダイエットは効果を発揮します。マイクロダイエットでは、3食のうち2食を代替食にして極端に摂取カロリー量を減らすという方法もあります。1,200キロカロリーのカロリーだけで毎日を過ごすという、少々ハードな方法です。運動をしない場合でも、体が求めるエネルギーを作るため蓄積された脂肪が代謝されます。晩ご飯をマイクロダイエット食に置き換えることが、効率よくマイクロダイエットをするコツです。夜はカロリー消費がさほど多くないため、夕食をマイクロダイエットに置き換えることによって体への負担をかけずに効率よくカロリーを使うことができます。

続きを読む≫ 2012/07/07 21:41:07

マイクロダイエットは、健康に害を及ぼすような重度な肥満の場合医師が勧める方法の一つです。ユニークなダイエットが数多くある中、医療としてのダイエットは運動とカロリーコントロールです。健康面から見た場合、医学上肥満に値しない限り、ダイエットはしないほうがいいといわれます。肥満患者の治療のためにアメリカで開発されたダイエットが、食べ物を制限するマイクロダイエットです。代謝や運動で使い切れないカロリーを貯め込むことが肥満の温床です。マイクロダイエットでは、日々の食事を低カロリー食に置き換えることによって、摂取カロリーを制限するものです。低カロリー食とはカロリーが低ければ何でもいいというものではなく、体に必要な栄養成分は過不足なく摂取しなければなりません。マイクロダイエットのダイエット専用食を摂取することで、食事制限でかかる体への負担や栄養素の不足を最小限に留めることができます。食べる量を適切に減らせば体重が落ちるというシンプルな理論を活かしたダイエット方法が、マイクロダイエットと呼ばれるダイエットといえます。マイクロダイエットの効果は多くの人で実証済みです。マイクロダイエットを実際に行った人の多くが、この方法を実行して無事に体重を減らすことができてと言っています。アメリカでは医師の折り紙つきのダイエット方法がマイクロダイエットなのです。

続きを読む≫ 2012/07/07 21:41:07